毎日うだるような暑さが続いていますが、どうしても食欲のほうも落ちがちです。

こうゆう時には『ツル ツル』とそうめんを頂きたいのですが、そうめんつゆもご自宅で簡単にできると嬉しいですよね。

そこで自家製の塩麹を利用してぐびぐびお汁もそうめんと一緒に流し込める、美味しくて尚且つ身体にやさしい麺つゆを

ご紹介します。

美味しい熟成塩麹の作り方はこちらを是非ご参照ください。

用意するものは、熟成塩麹約30gと干し椎茸一枚、昆布5センチ角、鰹節10gです。

麺つゆの決め手はやはり旨みのある出汁づくりですが、この旨み成分とはグルタミン酸、アスパラギン酸、イノシン酸などの

アミノ酸や核酸の相乗効果で生み出されているんです。

そこでそれらをまんべんなく含んでいる上記の材料を使えばお手軽にがお自宅でも美味しい麺つゆが作れます。

白出汁作り 005
①材料を約500ccの水に入れ3時間55℃~60℃で保温します。

②できたつゆを濾せば出来上がり

008
旨みたっぷりの自家製出汁が出来上がりました。

塩田さま講習会 004
③出汁を取った椎茸や昆布をそうめんに乗せ上からたっぷりつゆを掛ければ美味し『かけ汁そうめん』の出来上がり。

つゆまで飲めてこの時期には最高の一品です。

是非作ってみてください。