3年前和食が無形文化遺産に選べて以来、世界中で和食ブームが巻き起こっていますがこの和食

(日本食)が具体的にどのような効果を私達日本人の健康維持にもたらしているのか研究がすす

められているようです。

東北大学の都築准教授らが以前マウスを使って年代別に日本人の代表的な食事を摂取することに

依っての健康に及ぼす影響を調べた結果1975年型日本食を摂取したマウスが、1960年、

1975年、1990年、2005年の平均的な日本食を摂取したマウスに比べ健康であったと

いう結果が導き出されていました。

001                                                                 (マウス実験による結果)

そして今回この1975年モデルの日本食がヒトの健康維持にも有効であることが発表されました。

発表によると1975年当時の日本人の平均的な食事を摂る方が現代の日本人の平均的な食事を摂る

よりも健常人に対してストレス軽減、運動機能向上が認められ、軽度肥満者に対してBMI(体格指数)

やウエスト周り、体重が有意に減少傾向を示したそうです。

そこでここに示されている1975年モデルの日本食とはどのようなものなのか?

1975%e5%b9%b4%e3%83%a2%e3%83%87%e3%83%ab

%e5%92%8c%e5%ae%9a%e9%a3%9f%ef%bc%91
(イメージ写真)

1975年代の料理の特徴をまとめた結果、献立のポイントは

・調理法は『揚げる』『炒める』よりも『煮る』『蒸す』『生』『焼く』の4択が一般的

・食材は肉、乳製品、卵よりも大豆、魚介類、野菜、果物、海藻、きのこが多い

・出汁や醤油、ミソ、みりんなどの発酵系調味料が多く砂糖、塩は少な目

まさに私達昭和30年代生まれにとってはお馴染みの献立になっています。また、この献立を利用

してダイエットに応用することもできそうです。

生活習慣が当時とかなり変わってきているので今すぐ食事を全て見直すという訳にはいかないで

しょうが、3食のうち1食でもこのようなメニューに切り替えるていくことが健康で長寿には

必要なのかもしれません。